【スマホ活用術】1台で電話番号2つ持ちメリット3選

1台のスマホで電話番号2つ持つ意味ってあるの?
具体的なメリットは?
安く持つ方法ってあるの?


このような疑問を抱えているあなた。


最近はデュアルSIM・eSIM対応のスマホ、電話回線が普及したことで、1台のスマホで電話番号2つ持ちの人が増えてきています。


ただ、電話番号を2つもつ必要性、メリットってイマイチわかりませんよね。


そこで本記事では、実際に1台のスマホで電話番号を2つ使っている私が、以下について解説します。

・1台のスマホで電話番号を2つ持つメリット3選
・格安で2つ目の電話番号を持つ方法


これから2つ目の電話番号を取得する人、具体的にどんなメリットがあるのか知りたい人には参考になる内容です。

ぜひ最後までご覧いただき、お悩みを解決に役立ててください。

電話番号を2つ持つメリット3選


1台のスマホに電話番号が2つあることによる具体的なメリットを下記3つの通り。

(1)SMS認証が必要なアカウントを2つ持てる
(2)プライベート用と分けられる
(3)圏外時は切り替えて使える


それぞれ解説していきます。

(1)SMS認証が必要なアカウントを2つ持てる


登録する時にSMS認証が必要なサービスのアカウントを2つ持てます。


一番身近な使い道とすれば、LINEでしょう。


LINEアカウントは電話番号に紐づいています。


本来ならLINEアカウントは1つしか作れませんが、2つ作ることが可能。

これにより、仕事用とプライベート用でアカウントを分ける、といった使い方ができます。


1台のスマホで2アカウント使い分けるには、ログイン・ログアウトを繰り返す必要があるので要注意してくださいね。


ただ、あなたがタブレットやパソコンを持っているなら、1つ目はスマホ、2つ目はタブレット・パソコンでログインすれば、アカウントを切り替える手間は半減しますよ。

裏技:自分で招待して招待特典を得られる


利用サービスによっては規約違反ですが、自分で招待して登録することで招待特典を得られます。

手順は下記の通り。


①すでに登録しているメールアドレス以外のメールアドレスを準備。

②①で準備したメールアドレスに招待メールを送り、招待URLを開く。

③登録を進めていき、電話番号・SMS認証でもう1つの電話番号を認証。

④招待特典をゲットしていることを確認。


身分証明書の登録をせず電話番号だけで認証しているならバレません。

(2)プライベート用と分けられる


社用携帯が支給されず、仕事でプライベートのスマホを使っている人は多いでしょう。


ただ、仕事で関わる相手にプライベートの電話番号を教えたくない、という人も少なくはありません。

そういった場合、電話番号が2つあると便利です。

今まで使っていた電話番号はそのままプライベート用、新しく取得した電話番号は仕事用にすれば解決します。

(3)圏外時は切り替えて使える

個人的に一番便利だと感じているメリットです。


電話番号が2つあるということは、回線も2つあるということ。


私はメイン回線を楽天モバイル、サブ回線をLINEMOで使用していますが、楽天モバイルは頻繁に圏外になるんですよね。


このような時、サブ回線なら使えるということもあります。


実際、コンビニでバーコード決済をしようと思ったら圏外で使えず、サブ回線に切り替えた経験が何度もあります。


このように、メイン回線が圏外になった時の保険、という意味でも電話番号2つ持ちのメリットと言えるでしょう。

格安で2つ目の電話番号を持つ方法【楽天モバイル×〇〇が最強】


格安で2つ目の電話番号を持つ方法は、「楽天モバイル+別の回線」といった契約をすることです。


(1)楽天モバイル以外を契約している人

→楽天モバイルを契約し、デュアルSIMやeSIMで使用する。

楽天モバイルがオススメの理由は、のちほど詳しく解説します。



(2)楽天モバイルを契約している人

→データ容量が少ない格安SIMや3キャリアの格安プランを契約し、デュアルSIMやeSIMで使用する。


個人的に最強だと考えるのは『LINEMO』のミニプラン(3GB)

データ容量が3GB使えて料金は990円(税込み)です。


2つ目の電話番号と圏外対策で予備回線が目的なので、データ容量は少なくて問題ありません。


他の格安SIMの電話番号+データプランは1,500円前後なので、LINEMOの安さがお分かりいただけるでしょう。


また、LINEMOはソフトバンク回線を使用しているので、エリアが広く通信速度も安定しています。


そのため、維持費を安く抑えつつ、楽天モバイルの圏外対策の予備回線と考えれば最適解と言えるでしょう。



メイン回線・サブ回線をどちらにするかは人によります。


ですが、上記の組み合わせが最も格安で2つ目の電話番号を持つことができる組み合わせといえます。


楽天モバイルがオススメの理由【維持コストが0円】



楽天モバイルは下記の使い方であれば、維持コストが0円です。

(1)楽天モバイルの契約が1回線目である
(2)1か月のデータ容量が1GB未満


※楽天モバイルの2回線目以降は3GBまで1,078円(税込)となるので要注意。


電話は「Rakuten Link」というアプリで通話すれば、0円です。


このように、維持費がかからず2つ目の電話番号を持つことができるため、楽天モバイルがオススメということです。


なお、楽天モバイルは定期的にお得なキャンペーンを開催しています。

※私が申し込んだ時は10,000ポイント還元があったので、Apple watchを買いました。


以下にキャンペーンページのリンクを貼りますので、申し込む前に確認してみてくださいね。

楽天モバイルのキャンペーン・特典を確認


まとめ


以上、1台のスマホで電話番号を2つ持つメリット3つ、格安で2つ目の電話番号を持つ方法を解説してきました。


メリット3つについては下記の通りでしたね。

(1)SMS認証が必要なアカウントを2つ持てる
(2)プライベート用と分けられる
(3)圏外時は切り替えて使える


また、2つ目の電話番号を格安で持つ方法は、『楽天モバイル×別回線』というのが最強の組み合わせです。


楽天モバイルは1回線目かつ1か月のデータ容量1GB未満で維持費が0円。

電話料金も発生しないことから、実質タダで電話回線を持つことが可能ですからね。



別回線は、LINEMOが筆頭候補

電話番号とデータ容量3GBプランで 990円(税込み) と、格安SIMと比較しても最安値。

回線もソフトバンクで、エリア・速度ともに優秀なのでコスパから見ても最適と言えるでしょう。


以上、最後までご覧いただきありがとうございました!


【あなたにオススメの記事】