【2022年6月】Surface最安値で買える5店舗!買うならどこがオススメ?

Surfaceを最安値で買いたいけど、どこで買うのがオススメ?
少しでも出費を抑えたいから、ポイント還元とかキャンペーンも含めて一番お得に買える方法を知りたい!

このような悩みを抱えているあなた。

この記事では歴代Surfaceをすべて購入している、Surfaceマニアの私が以下について解説していきます。

 

新品Surfaceを最安値で買える店舗5選

Surface ProやSurface Laptopはオシャレでかっこいいので「Windowsパソコンを買うならこれだ!」と考えているでしょう。

 

ただ、値引きの少ないApple製品と違い、Surfaceは店舗によって価格に開きがあるので「どこで買うか?」というのが重要になります。

 

実際、Surfaceは家電量販店であればほとんどの場所で買えます。

しかし、各店舗の割引・ポイント還元などを考えると、最終的に支払うお金に1~3万円ほど差が出てくることも。

 

私もSurface Laptop2を購入した後、他の店舗で1万円安く売られていたのを見て後悔したことがあります。

このような後悔をしないためにも、Surfaceを買う前に本記事を参考にしてみてください。

\60日の無料返品保障!手厚いサポートはMicrosoft Storeだけ!/

 

\限定セール開催中!Surfaceをぶっちぎりの最安値で買えます!/

 

 

Surfaceを最安値で買える店舗5選

 

パソコンの価格は店舗や時期によって微妙に変動します。

その中でもSurfaceは少し特殊で、タイプカバーやSurfaceペンなどの付属品が付いてきたり、還元ポイントアップのキャンペーンがあります。

 

また、1,2年に1回ペースで新製品が発売するので、在庫処分セールで安くなっていることも。

そのため、Surfaceを買う時は1店舗で決めるのではなく、5つの店舗を見比べてから決めると一番お得に買えます。

 

その中でも特にオススメなのは下記の5つ。

 

(1)Microsoft Store

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • Microsoft Store限定キャンペーンを利用してアクセサリも一緒に買いたい
  • 学割を利用してSurfaceを買いたい
  • 自分に合うかわからないので60日間の返品保証が欲しい
  • 自分好みの構成のSurfaceが欲しいから妥協したくない
  • 買った後に値下がりして後悔したくない

 

Microsoft Storeは期間限定でお得なキャンペーンが開催されていることがあります。

例えば、「Surface本体とタイプカバーを買えば割引になる」、「Officeが付いてくる」などですね。

 

キャッシュバックが発生するキャンペーンも不定期で開催されているので、Microsoft Storeはチェックしておきたいですね。

 

 

また、Microsoft StoreからSurfaceを購入するメリットは次のようなものがあります。

 

・送料無料
・60日間の無料返品保障
・品揃えが豊富で、自分が求めているものを購入できる
・60日間低価格の約束(購入後60日以内に価格が下がった場合は、差額を払い戻しするサービス)。
・学生割引がある

 

Surfaceを実際に使ってみて「イメージと違う」「自分の使い方に合わない」と感じたら、60日以内であれば無料で返品可能です。

「Surfaceは10万円以上の買い物だから失敗したくない」といった不安をすべてカバーしてくれます。

2か月ほど無料でお試しできると考えると、かなり破格ですよね。

MicroSoft公式ならではのサービスといえるでしょう。

 

また、品ぞろえが豊富というのも注目すべきところ。

半導体不足で在庫が限られている店舗とは違い、Mucrosoft StoreはSurfaceの販売元。

在庫が潤沢なので、自分が求めているスペックのSurfaceを細かく選べ、妥協せずにSurfaceを買えます。

 

さらに、Surfaceを買ってから60日以内に価格が下がった場合、差額を払い戻してくれます。

こちらから連絡が必要になりますが、さすが公式ストアといったところです。

なお、デメリットとして、Microsoft Storeはポイントはつかないので、その部分は理解しておきましょう。

 

 

学割について補足

 

教育関係者への割引は、幼稚園、小中学校、高校、および高等教育機関に在籍する学生や教育関係者、親がご利用いただけます。

どの製品にも適用できるわけではないですが、以下のように大幅に割引を適用した価格で購入可能なので、該当するなら積極的に活用していきましょう。

 

MicrosoftStore学割

(2)Amazon

  • すぐにSurfaceが欲しい(最短翌日)
  • ポイントではなく、現金値引きで購入したい
  • 普段からAmazonを使用していてポイントが貯まっている

 

皆さんご存じのAmazon。

他のメーカーから販売されているパソコンはBTOといって、容量・スペックを自分で決めて受注生産するものが多いため、Amazonでの取扱数はそれほど多くありません。

一方、SurfaceはMacのように性能に応じたモデルが決まっているので、Amazonでもそれなりに取り扱いがあります。

 そのため、AmazonからもSurfaceを買うことは可能ということ。

 

Amazonから買う強みとしては、値引き金額が高く、2,000円以上買い物をすれば送料が無料になるという点ですね。

Amazonプライム会員であれば「お急ぎ便」を無料で利用できるので、最短で翌日には自宅に届くこともあります。

 

また、楽天・ヤフーショッピングほど還元率は高くないですが、ポイントも溜まります。

日常的にAmazonを使っていてポイントが貯まっているなら、さらに安く買うことも可能でしょう。

 

そのため、Surfaceを安く・早く手に入れたいならAmazonがオススメ

 

Surfaceを買うことでポイントも貯まるので、他の欲しいものを買ったり、Surfaceの周辺機器をそろえる時にも役立ちますよ。

 

ちなみに、Amazonから買う時は以下のようなキャンペーンを利用して、先にAmazon残高をチャージするのがオススメ

チャージした時点でポイントが溜まり、購入後にもポイントが溜まるという、ポイント二重取りが可能になるので、さらに安くSurfaceが買えます。

 

>>【初回限定】1000ポイント+最大2.5%還元キャンペーン

>>【プライム会員限定】現金チャージで最大2.5%還元キャンペーン
なお、ポイント還元率を最大にするためにはAmazonプライムになる必要があります。

本来有料ですが30日間の無料お試し期間があるので、Surfaceを買うためだけに登録するというのも全然OKでしょう。

(3)楽天市場

  • 楽天カードを普段から使っている
  • 楽天市場を使う機会が多くポイントが貯まっている
  • 楽天スーパーポイントを貯めたい

 

楽天市場は、値引き金額はAmazonに比べて低いですが、楽天スーパーポイントの還元率が高いのが特徴。

 

購入金額から入手したポイントを割り引くことで「 最終的にかかる金額 」を非常に安く抑えることができます。

特に 毎月5と0のつく日は楽天カード利用でポイント5倍になるので、さらにポイントが貯まります。

そのため、楽天市場でSurfaceを買うなら毎月5と0のつく日を狙っていきましょう。

 

ただし、「 最終的にかかる金額 」をしっかりと計算してください。

まずは、以下をご覧ください。

具体的には、上の「 Surface Laptop3 」を例にすると、真ん中は「161,480円」、右の方は「150,480円」なので、右の方が「11,000円」安いです。

 

しかし、真ん中は還元率が10倍なので「16,140ポイント」、右の方は還元率が1倍なので「1,504ポイント」入手できます。

 

つまり、入手ポイント分を本体価格から割り引くと、真ん中は「145,340円」右の方は「148,976円」。

最終的には真ん中のポイント還元率が10倍の「 Surface Laptop3 」の方が安く買えます。

 

こういった理由から、価格だけではなくポイント還元も含めた「 最終的にかかる金額 」で選ぶことを忘れないようにしましょう。

(4)ヤフーショッピング

  • ソフトバンクユーザーである
  • ヤフープレミアム会員である
  • Tポイント・PayPayボーナスを貯めたい
  • ヤフーショッピングを使うことが多いので、ポイントが貯まっている

 

ヤフーショッピングは、楽天市場と同じくポイント還元率が高いのが特徴

楽天市場との違いとして、貯まるポイントがTポイントとPayPayボーナスに分かれてしまいます

 

例えば、Surface Proを150,000円で購入して還元率10%の場合、Tポイントに7,500円、PayPayボーナスに7,500円といった感じですね。

PayPayはヤフー関係のサービスではネット決済に使用できますが、それほど多くないので基本的には実店舗で使用することになるのが少し難点でしょう。

 

なお、ソフトバンクユーザー・ヤフープレミア会員なら追加でポイントが貯まるので、さらにお得にSurfaceを買うことができます。

 

私はヤフープレミア会員なのですが、以下のSruface Pro7のポイント還元率は19%となりました。

(5)ビックカメラ(実店舗・通販)

  • 店舗でその場で購入したい
  • コジマ・ビックカメラをよく利用するのでポイントが貯まっている
  • ポイントを貯めたい

 

家電量販店の中で唯一ランクインした「ビックカメラ」。

 

Surfaceの値引き金額が大きく、ポイント還元が10%となっている場合が多いのでかなりお得に買えます。

実店舗が全国にあるので、お店に行ってその場で購入できる強みもあります。

 

取り寄せも可能なので、「近所に欲しいSurfaceの型番の在庫が無い」という場合でも安心ですね。

また、ネットショップのビックカメラ.comでは、値引きセールが開催されていることがあるので要チェックです。

 

 

実際に、私がSurface Laptop2を購入した時、上の4つを含めた他店舗の最安値は140,000円でした。

しかし、ビックカメラ.comでは130,000円に10%のポイント還元がついていたので、ぶっちぎりで最安値。

 

ただし、上で紹介した他の4店舗に比べて在庫が少ないので注意が必要。

「 朝に見た時は【在庫あり】だったのに、夜に見たら【在庫切れ】 」ということが起こります。

 

実際、通勤中にお得なSurfaceを見つけて、帰宅後に買おうとしたら在庫切れで悔しい思いをしたことがあります。

 

そのため、ビックカメラ.comを定期的に巡回して、お得だと思ったら迷わず買った方が良いでしょう。

店舗一覧にもどる

今回除外した店舗と理由

  • ヤマダ電機(実店舗・通販)
  • ケーズデンキ
  • ヨドバシカメラ

これらは、今回紹介した最安値候補店舗からは除外しました。

 

その理由は、「 現金値引きがそれほど高くない 」「  ポイント還元率が高くない 」だからです。

実際にヤマダ電機やヨドバシカメラもポイント還元をしていて、本来は還元率10%くらいです。

 

しかし、なぜかSurfaceは1%などに抑えられていることが多いです。

仮に還元率10%で販売されていたとしても買える機種が限られているので、あなたが欲しいSurfaceを安く買える保証はありません。

 

また、現金値引きについては私が値引き交渉下手というのもありますが、値引き交渉しても上で紹介した5店舗ほど安くなりませんでした。

 

まとめ(結論)

 

Surfaceを最安値で買えるオススメ5店舗は次の通りでした。

 

(1)Microsoft Store

(2)Amazon

(3)楽天市場

(4)ヤフーショッピング

(5)ビックカメラ(実店舗・通販)

 

キャンペーンによって最安値で買える店舗は変わるので、基本的には各店舗の価格を比較して最安値の店舗から購入するのがベスト!

 

ただし、各店舗ごとに強みが違うので数百円程度の差であれば「 何を重視しているか」で買う店舗を選んでも良いでしょう。

各店舗の強み、メリットは以下の通りです。

 

Microsoft Store

・送料無料
・60日間の無料返品保障
・品揃えが豊富で、自分が求めているものを購入できる
・60日間低価格の約束(購入後60日以内に価格が下がった場合は、差額を払い戻しするサービス)。
・学生割引がある

 

Surfaceの開発元である、Microsoftが提供していることもあり、サポートが手厚いです。

価格だけではなくサポートも重要視するなら、Microsoft Store一択。

 

 

Amazon、楽天、ヤフーショッピング

・送料無料(条件による)
・ポイント還元率が高い
・普段から溜めているポイントを使える

 

 

 

 

ビックカメラ

・店舗でその場で購入したい
・コジマ・ビックカメラをよく利用するのでポイントが貯まっている
・ポイントを貯めたい

唯一実際の店舗でも買えます。

ポイント還元率がめちゃくちゃ高いので、Surfaceを買った時のポイントで他の家電やアクセサリも買えるます。

またネットでも買うことができ、セールでは圧倒的な安さで買うことが可能です。

 

不定期ですし、Surfaceの在庫次第なところがありますので、Surfaceを安く買いたいなら目を光らせておきましょう。

 

 

なお、「中古・型落ちでいいからもっとSurfaceを安く買いたい」という人は、下記の記事で中古・型落ちSurfaceのオススメ購入場所を紹介しているのでご覧ください。

 

【最新】中古・型落ちSurfaceのオススメ購入場所3選!リスク・注意点も解説