【元PC店員が解説】PCメモリ4GBで「十分な人」「足りない人」【比較】

節約したいからメモリ4GBのパソコンを買う予定!

でも、メモリ4GBってどの程度まで使えるの?

自分が予定している使い方はメモリ4GBで十分かな?

 

このような悩みを解決できるように以下について解説します。

 

  • PCメモリ(RAM)の役割
  • メモリ4GBで「十分な人」と「足りない人」の比較

 

パソコンを買う時、メモリを「4GB」と「8GB」のどっちにするか迷いますよね。

メモリ8GBの方が高性能ですが、メモリ4GBに比べて1万円以上ほど値上がりします。

なので、お金を節約したいならメモリ4GBを選びたいところ。

 

でも、家電量販店やネットのアドバイスだと「メモリは8GB以上は必須」と聞くと、メモリ4GBのパソコンを買って大丈夫かすごく不安ですよね。

元パソコンショップ店員の私ですが、お客さんからこのような質問を受けることが多かったので、その気持ちはよくわかります。

 

ということで、この記事では「私がお客さんから受けた相談内容」「実際に使った感想」を元に、『PCメモリ4GBで「十分な人」「足りない人」』を解説!

 

『あなたの使い方で、メモリ4GBは十分なのか?足りないのか?』を理解できるので、パソコン選びの判断材料にしてみてくださいね。

 

 

メモリの役割!作業机の大きさでイメージしよう

 

 

まず、PCメモリが何なのかよくわからない人のために、少し解説していきます。

 

メモリの正式名称は、「Random Access Memory」(ランダムアクセスメモリ)といい、パソコンの性能表などではRAM(ラム)と表示されることがあります。

 

役割としては、プログラムの起動などの処理、画面上にデータを表示するときに使われます。

 

現実の物で例えるなら、「机の大きさ」と考えるとイメージしやすいですね。

 

 

メモリが多い(=机が広い)ほど、一度に多くのアプリを開けます。(=机に物をたくさん置ける)。

なので、パソコンの動作が軽い(=一度にたくさんのことができる)。

 

逆にメモリが少ないと、机が狭くて物をたくさん置けないので、1,2つくらいしか作業できないので、パソコンの動作が重い。

 

つまり、メモリが多いほどパソコンを快適に使うことができます。

ただ、メモリが増えるとメモリの価格が上がり、その分、パソコン本体の価格も上がるということを覚えておきましょう。

 

参考:Windows10で最低限必要なメモリ容量は2GB

 

Windows10には、以下の4つのエディションがあり、各エディション毎に「32bit版」と「64bit版」の2つのバージョンが用意されています。

 

①Home:個人向け

②Pro:個人 or 法人向け

③Enterprise:大規模な法人向け

④Edugation:教育機関向け

 

そして、これらのバージョンを動作させるために必要なメモリ容量として、32bit版は2GB、64bit版は4GBとなっています。

 

ただ、一般的に販売されているものは、Windows10 Home(64bit)、Windows10 Pro(64bit)のどちらか。

基本的にはメモリ4GB以上のパソコンを選ぶことになると覚えておきましょう。

 

 

メモリが4GBで「十分な人」と「足りない人」の比較

 

それでは、メモリが4GBで「十分な人」と「足りない人」について比較していきます。

 

メモリが4GBで十分な人

 

メモリが4GBで十分な人の用途について、以下の通り紹介していきます。

 

(1)音楽・動画を視聴

ユーチューブなどで音楽を聴いたり、動画を見るだけなら4GBでも十分です。

 

パソコンで動画を見ると「動作が遅い」などの相談を受けることもありますが、調べると自宅のネットワークが遅いことが原因だったりします。

 

なので、パソコンをテレビやミュージックプレーヤー代わりに利用するなら問題ないでしょう。

(2)簡単な書類作成

エクセルやワード、パワーポイントで、簡単な書類を作成するだけなら、4GBで十分です。

 

ただ、エクセルで数百件の処理を行うマクロを組んだり、複数のデータを同時に開きながら作業をしているとパソコンが遅くなりがちです。

 

大学生であれば論文やレポート作成、社会人であれば書類や議事録の作成であれば問題ないでしょう。

(3)メールやSNS、ネットサーフィン

タブレットやスマホのように、メールを作成したり、SNSやネットサーフィンをするくらいなら、4GBで十分でしょう。

(4)スマホのバックアップ用

iPhoneやandroidのデータをバックアップするため、といった使い方をするなら4GBでも問題ありません。

 

ただ、バックアップする容量が多いと、itunesの起動が遅かったりパソコンの動作がもっさりしてくるので、他のアプリは同時に起動しないように注意しましょう。

(5)音楽・動画を視聴しながらネットサーフィン

ややパソコンの負荷は高くなりますが、音楽や動画を視聴しながらネットサーフィンをするくらいなら4GBで大丈夫です。

 

私が自宅にあるパソコンを、メモリ4GBのSurface Proをマルチディスプレイで使用しています。

 

1つのモニタで作業BGM、もう1つのモニタでネットサーフィンをするといった使い方ですが、もっさりすることはないです。

(6)WEB上でブログの執筆

WEB上でブログを書くだけなら4GBでも問題ありません。

 

実際、私がブログを書いているパソコンもメモリ4GBですが、特に不便を感じることはありませんしね。

 

ただ、ブログを書く時、参照サイトを開きすぎてしまい、気が付いたら動作が重くなりがちなので、注意しましょう。

 

 

メモリが4GBで足りない人

 

続いて、メモリが4GBでは足りない人の用途について、以下の通り解説していきます。

 

(1)ゲームで遊ぶ

 

パソコンゲームは、高い処理能力が必要になるのでメモリの消費量が半端ないです。

 

ブラウザゲームでも数百MB、本格的なゲームでは1GB以上消費してしまいますからね。

 

なので、パソコンを使ってゲームで遊びたいという人は、最低でも8GB以上のメモリのパソコンを選ぶようにしましょう。

(2)動画編集・画像編集をする

 

ユーチューブなどに動画投稿したり、写真の編集、ペイントアプリでイラスト作成などをするなら本格的な編集ソフトが必要です。

 

ただ、これらのソフトには高い処理能力が必要になるので、4GBでは全然足りません。

 

私も経験ありますが、動画を編集している最中にソフトが止まったり、落ちたりするんですよね。

 

これにより作業データが消えてしまうこともあるので、リスク回避という意味でもメモリ8GB以上は確保しておきましょう!

(3)複数のプログラムを多く起動して作業する

 

エクセル・ワードを起動、ブラウザで参照サイトとして十数個のタブを開く、作業用BGMをユーチューブで流しながら、ブログを書く。

 

私がブログ書くときの環境ですが、使用中のメモリを見てみると6GBくらいになっています(汗)

幸い、メモリ8GBなのでサクサク動いてますが、4GBだともっさりしてしまっていることでしょう。

 

仕事にしろプライベートにしろ、複数のプラグラムを起動してパソコンを使う予定があるなら、メモリは8GBがオススメです。

 

 

参考:業務用パソコンもメモリ4GBで十分なことが多い

 

 

業種によりますが、下記のような業務でパソコンを使う場合はメモリ4GBで十分なことが多いです。

 

  1. メール作成中心
  2. エクセル・ワードなどでの文書作成
  3. グループウェアでのやり取り(チャット、掲示板、スケジュール管理)
  4. 会計システム・ソフトでの経理事務

 

実際、私の職場ではメモリ4GBのパソコンでこのような使い方をしてました。

起動直後に多少重いと感じることはあっても、特にストレスを感じるレベルでないくらいには使えていましたよ。

 

また、官公庁(市役所など)が使用しているパソコンのメモリは4GBであることが多いです。

上記と似たような使い方ですし、導入台数が数百・数千台規模なので、1台当たりのコストを少しでも抑えるためですね。

 

ただ、仕事によってはメモリ4GBだと処理中にパソコンがフリーズします。

実際、エクセルで大規模なマクロを組んだり、大量の顧客情報の取りまとめ作業をしている時は動作が重くて使い物になりませんでした。

 

購入費用を安くするために一般事務用PCは4GB、共有PCは8GBで導入している企業や官公庁も多いですよ。

 

まとめ

 

メモリ4GBで「十分な人」と「足りない人」についてそれぞれ紹介してきました。

 

下記の通り、簡単にまとめていきましょう。

 

  1. 音楽・動画を視聴
  2. 簡単な書類作成
  3. メールやSNS、ネットサーフィン
  4. スマホのバックアップ用
  5. 音楽・動画を視聴しながらネットサーフィン
  6. WEB上でブログの執筆

 

  1. ゲームで遊ぶ
  2. 動画編集・画像編集をする
  3. 複数のプログラムを多く起動して作業する

 

パソコンを使って簡単な作業をするだけなら4GBで十分といえます。

 

ただ、メモリ容量が多ければ多いほどパソコンの動作は早くなり、ストレスが減ります。

 

なので、「予算に余裕がある」「高い処理性能が必要な作業を行う予定がある」なら、8GB以上がオススメですね。

 

パソコンを買うならココ!新品・中古それぞれ紹介

 

メモリ4GBのパソコンは、一般的な性能なので電気屋・パソコンショップであればどこでも買えます。

しかし、良く調べないで買うと、下記で紹介する場合と比べて数万円高く買ってしまうことになります。

 

その分のお金があれば、他に欲しい物やもう少し性能が良いパソコンを買えるので、すごくもったいないですよね?

 

ということで、パソコンを「新品で買う場合」と「中古で買う場合」のオススメ購入方法を解説

買う時の参考にしてみてくださいね。

 

新品で買う場合のオススメ購入方法

 

新品でパソコンを買う場合、まずは下記から探してみるとお得に購入できます。

実際、私もパソコンを購入する時は、下記から選ぶことが多いです。

 

(1)メーカーのオンラインショップ

(2)Amazon、楽天、ヤフーショッピング

(3)ビックカメラ(実店舗・通販)

(1)メーカーのオンラインショップ

 

メーカーのオンラインショップは、独自のクーポンによる大幅な割引、あなた好みに性能をカスタマイズできるのが最大の利点です。

それにより、価格を安く抑えやすくなり、特定の性能だけを高めることも可能です。

 

例えば、店頭では【メモリ:4GB+SSD:256GB+CPU:Core i5】で7万円といった物しかないとします。

オンラインショップではカスタマイズで、【メモリ:4GB+SSD:128GB+CPU:Core i3】で5万円といった物を購入できます。

 

ただ、難点として、カスタマイズすると納期に時間がかかるので、注文して届くのが1か月後、というのも多いです。

なので、時間に余裕があって、パソコンを安く買いたい人向け、と言えるでしょう。

 

 

(2)Amazon、楽天、ヤフーショッピング

 

言わずもがな、ネットショッピングの王道ルートですね。

 

新品の機種の品ぞろえも豊富で、ポイント還元もあるのでお得に購入できます。

 

公式のオンラインショップほどではありませんが、ある程度カスタマイズできるので、あなた好みのパソコンを見つけやすいでしょう。

 

(3)ビックカメラ(実店舗・通販)

 

ビックカメラは、値引き金額が大きくてお得なうえ、ポイント還元が10%となっている場合も多く、かなり安く購入できます。

 

特に、ネットショップのビックカメラ.comでは、値引きセールが開催されていることがあるので要チェックです。

 

ただし、ビックカメラは他の2つに比べて在庫が少ないので、「 朝見た時は在庫ありだったのに、夜見たら在庫切れになってる 」ということが起こるので注意しましょう。

 

また、実店舗が全国的に多いので、お店に行ってその場で購入できるという強みもあります。

 

↓ ↓ ↓ ビックカメラ.comはコチラ↓ ↓ ↓

 

中古で買う場合のオススメ購入方法

 

中古でパソコンを買うなら、上記のような中古パソコン専門店から購入しましょう。

 

 

理由としては、下記の通りです。

 

・プロがメンテナンスしている

・正規のソフト・OSを使用している。

・ウイルス感染のリスクがない

・万が一の保証がある

中古のパソコンは一度人の手に渡っている物なので、どんな使い方をされているのかわかりません。

 

私が以前購入したノートパソコンはOffice付きで売られていましたが、前オーナーのMicrosoftアカウントと紐づいていたので利用することができませんでした。

連絡してみましたが、返信はなく泣き寝入りすることになったんですよね。

 

なので、発生するトラブルを最小限に抑えるためにも、中古パソコン専門店から購入するのが大事ということですね。

除外した購入方法

・リサイクルショップ

・ヤフオク

・メルカリ

 

中古といえば、リサイクルショップやヤフオク、メルカリですが、パソコンに関しては、下記の理由から絶対にオススメしません。

 

・前のオーナーがどんな状態で使っているのかわからない

・検品が「正常に起動するかどうか」といったレベル

・ソフト・OSが正規品である保証がない

・ウイルスに感染しているおそれがある

 

「購入後数日で電源が入らなくなった」「キーが反応しなくなった」といったリスクを回避するためにも、中古パソコン専門店から買うようにしてくださいね。

 

【この記事を読んだ人はコチラもおすすめ】

>>【最新版】事務職向けおすすめノートパソコン3選【10万円以下で買う選び方】