【比較】iPad mini 4で十分な人・不十分な人【私がiPad mini4を買った理由】

iPadが欲しいんだけど、サイズ的にiPad miniで考えてる。

最新の『iPad mini 5』が良いんだろうけど、完全に予算オーバー。

『iPad mini 4』だったら20,000円くらいで買えるからお手頃だけど今買っても大丈夫かな?

 

このような悩みを解決できる記事です。

 

☑本記事の内容

  • 『私がiPad mini 5』ではなく『iPad mini 4』を購入した理由と使い勝手
  • 『iPad mini 4』で十分な人・不十分な人を比較

 

『iPad mini 4』は中古だと20,000円くらいで買えるので、お手頃サイズのiPadが欲しいなら最適です。

 

ただ、『iPad mini 4』は型落ちなので、求めている使い方ができず、買って失敗しないか不安ですよね。

 

そこでこの記事では、実際に『iPad mini 4』を使用している私が使い勝手を紹介します。

そのうえで、『iPad mini 4』で十分な人・不十分な人を解説していきます。

 

『iPad mini 4』を買ってから後悔しないためにも、判断の参考にしてみてください。

 

 

私が『iPad mini 4』を購入した4つの理由

 

まずは、私が最新の『iPad mini 5』ではなく『iPad mini 4』を購入した理由を下記の通り解説していきます。

 

  1. 高スペックを求めていなかったから
  2. 値段が安いから
  3. Apple Pencilを使わないから
  4. 見た目的な新しさが無いから

 

(1)高スペックを求めていなかったから

 

私のスマホは『iPhoneXS』なので、高い処理性能が必要なもの(ゲームアプリ等)は全てスマホで十分です。

 

なので、『iPad mini 4』に求めていた役割は、「画面が大きくて文字や映像が見やすいこと」「持ち運びやすい大きさのiPad」ということでした。

 

約5年前の端末なので、性能も今のiPad mini5に比べれば大きく劣ります。

しかし私のように、高い処理はiPhone、大きな画面で文字や動画を観たい場合はiPad、と使い分ければ『iPad mini 4』でも十分現役といえます。

 

(2)値段が安いから

 

『iPad mini 5』は新品で4万円、中古でも3万5千円くらいです。

 

一方、『iPad mini 4』は新品で買えませんが、状態が良い中古品でも20,000円くらいで買えます。

 

なので、購入のハードルが低いというのも『iPad mini 4』を選んだ理由です。

 

(3)Apple Pencilを使わないから

 

『iPad mini 5』は、iPad Proシリーズ・iPad(2018)にしか対応していなかった、Apple Pencilが使えるようになりました。

 

ただ、Apple Pencilを使わないなら、気に留めるほどのアップデートではありません。

 

なので、『iPad mini 5』ではなく『iPad mini 4』を購入しました。

 

(4)見た目的な新しさが無いから

 

iPhone11からiPhone12のように、見た目が大きく変わった時はかなり興味深いです。

しかし、『iPad mini 4』→『iPad mini 5』は見た目の変化はほとんどありませんでした。

 

サイズ感は変わりませんし、認証方式もFaceIDではなくTouchIDのままですし、接続端子もUSB Type-Cではなくライトニングケーブルのままです。

 

このように、『iPad mini 5』での外見的な変化が少ないというのも、『iPad mini 4』を買った理由の1つですね。

 

 

『iPad mini 4』の使い勝手

 

 

『iPad mini 4』を購入してから1年以上ほぼ毎日使用しています。

ですが、現時点で動作が遅かったりなどで不便を感じることはありません。

 

カフェなどで画面を横にして記事執筆の下書きをしていますが、最初は画面が小さいと感じたものの、慣れてしまえば特に問題なく使えます。

むしろ、本体のフットスペースが小さいので机の上でも邪魔にならず、快適に使えています。

 

最近はリモートワークのテレビ電話として使用する機会も多いですが、本体性能が低いことによる動作不良は無く、問題なく使用できています。

 

また、移動中や仕事の休み時間中はkindleで本を読むことが多いのですが、画面が見やすく快適そのものです。

本体が軽いので手首に負担がかからないのも嬉しいところですね。

 

『iPad mini 4』で十分な人

 

ここまでの内容を踏まえて、『iPad mini 4』で十分な人は下記のような用途で使用する場合といえます。

 

  • 高負荷アプリを使わない
  • テレビ電話
  • ブラウジング
  • 動画視聴
  • 電子書籍

 

本体性能云々というよりは、回線速度に依存している物が多いです。

テレビ会議、ブラウジング、動画視聴、電子書籍は本体性能がいくら高くてもネットワークが遅いとダメですからね。

それらが遅いと感じるなら、まずはネットワークから見直ししてみると良いでしょう。詳しくは下記の記事で解説しています。

 

>>【効果アリ】自宅Wi-Fiが遅い人の対策方法!LANケーブル交換で通信速度が1.5倍に!

 

アプリは、RPGやシュミレーション、パズルのように低負荷のものしか使わないなら『iPad mini 4』でも十分です。

実際に、パズドラ、プリコネR、FGO、ドラクエを遊んでいますが、動きがおかしいと感じたことはありません。

『iPad mini 4』で不十分な人

 

『iPad mini 4』で不十分な人については下記の通り。

 

  • 高負荷アプリを多く使う
  • Apple Pencilを使った作業をしたい
  • 使いたいアプリが『iPad mini 4』に対応していない

 

これらについては少し解説していきます。

 

高負荷アプリを多く使う

 

「高画質ゲーム」「動画編集アプリ」等、高い処理性能が必要アプリを使う場合は、『iPad mini 4』は力不足を感じると思います。

 

実際、「コールオブデューティーモバイル」「荒野行動」で遊んでいますが、タイムラグが多いです。

「撃ったはずの場所に相手がいない」「何もないところでキルされる」というのが頻繁にありました。

 

フレームレートを下げればある程度は大丈夫ですが、本体がかなり熱くなるのでそれだけ高い負荷がかかっていることが分かります。

また、簡単な動画編集アプリを使っていても、落ちることが多いです。

 

なので、iPadをゴリゴリ使っていきたいなら、少しお金を捻出して『iPad mini 5』を買うことをオススメします。

 

Apple Pencilを使った作業をしたい

 

『iPad mini 4』でもBluetoothのスタイラスペンを使えますが、Apple Pencilの使い勝手に比べれば劣りますからね。

なので、Apple Pencilを使った作業をしたいなら『iPad mini 5』を買いましょう。

 

使いたいアプリが『iPad mini 4』に対応していない

 

『iPad mini 4』は今後アップデート対象外になるアプリが増えていき、使えなくなるアプリも出てくるでしょう。

将来的にはiOSアップデートの対象からも外れるはずです。

 

なので、iPadを常に最新にして使い続けたいなら、『iPad mini 5』を買いましょう。

 

まとめ

 

☑私が『iPad mini 4』を購入した4つの理由

  1. 高スペックを求めていなかったから
  2. 値段が安いから
  3. Apple Pencilを使わないから
  4. 見た目的な新しさが無いから

 

☑『iPad mini 4』で十分な人

  1. 高負荷アプリを使わない
  2. テレビ電話
  3. ブラウジング
  4. 動画視聴
  5. 電子書籍

 

☑『iPad mini 4』で不十分な人

  1. 高負荷アプリを多く使う
  2. Apple Pencilを使った作業をしたい
  3. 使いたいアプリが『iPad mini 4』に対応していない

以上、 『iPad mini 4』で十分な人・不十分な人を解説してきました。

買ってから後悔しないためにも、想定している用途をよく考えてから購入してください。

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。